RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
          
ARCHIVES
展覧会カレンダー
今日やっている美術展、写真展の情報はこちらです。
MOBILE
qrcode
あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。
今日は、初詣に行ってきました。そのとき、お気に入りのフレーズを言われたので、ここで書きたいと思いました。

そのフレーズは・・・
「あなたに桜梅桃李の幸が訪れますように」
父が好きでよく使っていた言葉です。

いずれも独自の美しい花を咲かせることから、桜は桜の、梅は梅の、桃は桃の、李は李の特徴を改めることなく、生かしていくとの意味です。
今年もお客様の個性を生かしながら、よりよく表現できるような制作物を作っていきたいと思っております。

皆様の会社にも桜梅桃李の幸が訪れますように。

ウインバレー
| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漫画家の佐藤秀峰先生から、原画がとどきました。
 漫画家の佐藤秀峰さんが、テレビ化もされた、「ブラックジャックによろしく」の権利関係を整理し、商用・非商用問わず、2次使用フリー化したことは、知っている人も多いのではないでしょうか。
新聞などのマスコミ、ネットでも大きな話題になっていました。

現在、ブラックジャックによろしくは、漫画on webで無料で全部読めるほか、PDFでもダウンロードでき、無料アプリもあります。
漫画 on web
ブラックジャックによろしくアプリ
PDFデータ

漫画家の佐藤さんといえば、ブラックジャックによろしくをはじめ、海猿などの人気漫画を書いているだけではなく、ネットなどで、漫画家と出版社の現状を赤裸裸に語っているので、
以前から注目していました。私も以前は講談社のまんが編集部に知り合いがいて、他の漫画家さんとも飲みにいったことがありますが、佐藤さんのような人はいないですね。
そういう意味でも人間的に面白い方だな、と思っていました。
また、友人であり、仕事でもかかわりのある行政書士の大塚大さんが、佐藤先生の契約書を作成したとも聞き、とても身近な話題として感じていました。

その佐藤さんが、「ブラックジャックによろしくの原画展」を中野で開催。

そのときに見に行き、会場で行われた原画のオークションに申し込みました。
先日見事落札したという連絡を、事務所の人からいただきました。しかも、展覧会の一番目玉になった絵です。

それがこの絵なんですね。

落札したいきさつは、いろいろあるのですが、漫画業界にとって、また、出版業界にとっても重要な役割を果たす一枚だと思っており、落札できたことをうれしく思っております。
金額はあえて書きませんが、これだけ話題になったものですから、そのわりにとても安かったと思います。たぶん業界の人はびっくりするでしょう。
(会場限定のオークションでしたので、この値段でしたが、ネットオークションであれば、もっと値段は高かったと思います)

また、佐藤さんは、漫画 on webで、一連の事柄について書いていて、結果的には大成功だったと書いてあります。

落札した絵は、このような状態で届きました。

別途おまけになにかつけていただけるというので、私の顔をイラストにしてもらって、サインを書いてもらいました。
とてもかわいらしく、恥ずかしい限りです。読者を喜ばせるプロですね。やっぱり。まったくオークションのおまけにしては、ビッグですよね。


佐藤さんには、これからもがんばってほしいと思っています。
私はカバーデザインをしておりますので、佐藤さんにカバーのイラストを書いてもらいたい。
そんな作品に出会えるといいなと思っています。


評価:
佐藤 秀峰
PHP研究所
¥ 1,260
(2012-04-17)

| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東日本大震災後の新しい人間の生き方と魂の絆(カバーデザイン)
この夏にカバーデザインをした本の紹介をしていなかったので、紹介しますね。
この著者の本をデザインするのは、2作目です。

東日本大震災後の新しい人間の生き方と魂の絆という本です。

<内容>
突如として日本列島を襲った東日本大震災は、改めて人の絆の大切さを私たちに突きつけた。2万人にもおよぶ津波被害者数、制御不能となった福島原子力発電所。人として、共に考えたいと筆を執った。前著『坂村真民先生から学んだ命と絆、そして生きる力』から1年有余、宇和島、勝浦、三次を舞台に、国際政治学者、水口修成が心のたけをぶつけたエッセイ集。

カバーのオーダーは、最初から被災地の現状をよくわかる写真を使いたいということでしたので、こちらで探して手配しました。津波のあとの荒涼としたイメージの写真です。

四六判で176ページの本です。
いくつか案を出した中でこのカバー案になりました。表紙は1色だったのでシンプルな感じにしました。
東日本大震災後の新しい人間の生き方と魂の絆

東日本大震災後の新しい人間の生き方と魂の絆

東日本大震災後の新しい人間の生き方と魂の絆 新しいライフスタイルと21世紀の展望を目指して
水口修成
JPS出版局/太陽出版(文京区)



 JUGEMテーマ:アート・デザイン
| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おしゃれな"JS=女子小学生"向けファッション誌 創刊<デザイン>
ウインバレーの会社で、デザインのお手伝いをしたJSガールが2月22日創刊になります。 デザインしたのはファッションページや座談会のページなどなど。

http://www.fashionsnap.com/news/2011-02-20/js-girl/ 

「JSガール(ジェイエスガール)」は、雑誌「FUDGE(ファッジ)」を発行する三栄書房が出版する、小学生をメインターゲットとしたファッション雑誌。 

受注したのはデザインだけなんですが、編集長にライターさんをご紹介したりもしました。

デザインはお星様やら、ハートマークやらちりばめて、かわいく作りました。
本屋さんで見てくださいね。

次号は4月になるようです

関連記事

★媒体概要

誌名:ジェイエスガール  サイズ:A4変形(284×210mm)

綴じ:中綴じ  発売日:222

定価:¥540  公称発行部数:60,000

ページ数:132ページ  特別付録:RONI ミニポーチ

販売チャネル:全国書店

読者層:好奇心旺盛な女子小学3年生〜6年生


発行について


発行:株式会社三栄書房

東京都新宿区本塩町19 tel03-5369-5093

担当:喜多 茂(キタ シゲル)


| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
InDesignからiPhoneのStanza、iBooksのEPUBをラクラク作成する方法
9月2日にPDF制作とEPUBのセミナーのお手伝いをします。

講師は、PDFやさまざまな書籍をかいていらっしゃる上高地さんです。
当日は私も受付などをしています。

私も彼にEPUBを教えてもらい、iphone,ipadの電子書籍をマスターしました。

7月に一回EPUBのセミナーをやったときは、すぐにいっぱいになってしまったので、
もし締め切りになった際はすみません。
また、このセミナーは、InDesignを普段使っている方を対象としています。


----------------------------------------------------------------------------
東京会場/2010年09月02日(木)
社団法人日本グラフイックサービス工業会 8F会議室
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町7-16 URL:http://www.jagra.or.jp

InDesignからiPhoneのStanza、iBooksのPDFをラクラク作成する方法    
10:30〜12:30
InDesignからiPhoneのStanza、iBooksのEPUBをラクラク作成する方法
13:30〜16:00
http://www.incunabula.co.jp/100902/indexK.html
----------------------------------------------------------------------------

その他の地域でもやっていますので、くわしくは上記サイトをご覧ください
| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
力のある本は復活する。〜イルカの子 姫野ちとせ著
数年前、ある出版社の依頼で「イルカの子」という絵本のカバーデザインと本文デザインをしました。

障害児のことを描いた絵本です。著者の姫野ちとせさんは、トールペイントの作家でもあり、トールペイントの作品を使って絵本を作ったのです。

あまりにもいい本なので、私のところにデザインがきたというのは、運命のように感じたものです。いまでもこの本を読むたびに胸が熱くなります。ハこれを読むと障害児のいる家族が、あったかく感じられます

内容はすばらしいし、絵の完成度も高い。
しかも英訳も入っている。外国にもっていってもいい本でした。

編集者が数人変わったこともあり、絵本の作成には1年かかりました。
紆余曲折あったものの、いい本ができあがりました。

しかしこの本は出版社がつぶれてしまったせいで、せっかくできあがった本がお蔵入りになってしまったのです。
非常にもったいないな、と思っていました。

ところが・・・
今日いつものように新刊JPでポットキャスティングを聞いていると、この本が紹介されているではありませんか!
主婦の友社から再度出版されたのです。
とてもうれしいです!

もちろん、カバーデザインなどは主婦の友仕様に変わっていますが、
そんなことはどうでもいいことです。

新刊JPはビジネスパーソンのためのラジオですから、どれだけの人が絵本を読むかわかりませんが、ぜひ多くの人に読んでもらいたいです。

なぜか、新刊JPに掲載されているカバーデザインは、私がつくったものですね。

機会があれば、みてくださいね。
評価:
姫野 ちとせ
主婦の友社
¥ 1,575
(2010-08-04)

| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 17:12 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
俺、マジダメかもしれない…カバーDTPやりました
 本が売れたので,増補版として出す際に、芸能人に帯文を書いていただき、出版をした本です。
本というのは、書き上がって出してみた後にも、ここをこうすれば良かった、と著者は考えるものです。売れなければ終わりなのですが、この本のように売れれば増刷できるので、その際に、変更したい箇所を直して出版することができます。

「急性リンパ性白血病」で逝った最愛の息子へ
白血病でなくなった子供さんの生き様を残そうと、お母様が書かれた本です。
イラストなどカバーイメージは、最初の本で鈴木未都さんがやっていただいているので、それを踏襲しています。

最初の本が売れたので、増補版として刷り直す際、東ちずるさんに帯文を書いていただき、それで私がDTPの仕上げをしています。


この本もこの春できあがっていたのですが、最近届いたので、お知らせします。
これに関しては、デザインというほどのものでもないので、奥付には私の名前は掲載されていないので、あしからず
JUGEMテーマ:アート・デザイン

| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
24時間×365日×80年 カバーデザイン
オセロの全日本選手権で3年連続優勝をした坂口和大さんの本です。

坂口さんの本のカバーをデザインするのは、2度目です。
今回は、会社のスタッフにやってもらいました.

少し前に出版されていたのですが、届くのに時間がかかったようです。

今回は、2色印刷ということで、オセロのゲーム盤の色をもちろん使いました。
オセロファンにはたまらない一冊だそうです。

評価:
坂口 和大
JPS出版局
---
(2010-06)
コメント:オセロの全日本選手権に3年連続で優勝した方の本です

| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大正時代の庁府県〜カバーデザイン
版社から依頼されてカバーデザインをした本が届きました
大正時代の庁府県〜樺太から沖縄に置かれた都道府県の前身という本です。
高橋是清さんの本は以前にもカバーを作ったことがあり、2度目です。

内容が大正時代の歴史を語った本ですから、そのテイストがだせればいいと思い、まず大正時代の雰囲気を調べました。大正時代のファッションや時代背景を調べ,象徴的なものとして東京駅をイラストに使おうと思いました.またそれだけでは寂しい絵柄になりそうだったので、この時代のファッションをした女性を入れようと思い、そんなイラストをイラストレーターにお願いし、出来上がって来たのがこのイラストです。

大正時代と言ったら、思い浮かべるのは大正ロマン。そんな雰囲気が出せたでしょうか。

背景には大正時代によく使われた図案と色を使いました。

ただ、色は2色で印刷という制限があったので、イラストはphotoshopで2色分解をし、その他の部分は,2色の濃淡で表現しています。

出版の担当者には、とても2色とは思えない仕上がり、と言っていただきました。これで本がうれればなおいいと思っています。
表紙は、1色
カバーは2色
評価:
高橋 是清
JPS
¥ 1,050
(2010-07)
コメント:大正時代の日本全国の様子がイラスト入りで紹介されています

続きを読む >>
| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デジタルパブリッシングフェア2010
 国際ブックフェアと同時開催されたデジタルパブリッシングフェアにいってきました.
電子書籍に関するソリューションが集結した今年注目の展覧会。
電子書籍に関しては、私も出版業界、デジタル業界に身を置くものとして、おおいに興味をもっています。
デジタルパブリッシングフェア

出店企業に関しては、下記を見ていただくとして、私が特に見たかったの企業がいくつかあります。

ひとつは、グーグル。書籍をスキャンし、公開する方式のグーグルブックスのサービスが現在始まっていて、ある意味出版流通を変えてしまうほどの影響力をもつと思われるます。
このグーグルブックスのパートナープログラムを使った電子書籍を販売する「Googleエディション」を、北米で今夏に、日本で年明けごろにスタートすると発表しています。
これはWebブラウザを搭載した端末なら閲覧でき、KindleやiPad向け電子書籍と違って端末に依存しないのが特徴。
日本でも携帯やPCで読む事ができる電子書店パピレスなどがありますが、googleがやるとなると、意味が違ってきます。
今後動向を注目したいサービスです。


そのほか、大日本、凸版印刷などがこのブースに出店していました.このあたりは、まだ手探り状態という感じでした。

デジタル化を進めるにあたって、使いやすそうなソフトもいくつかありましたね。

アスクルやナショナルのカタログを電子化した企業である、デジタルマックスのソフトは使いやすそうでした.

ページをめくる動作というのは、ほかのソフトでもめずらしくありませんが、デジタルカタログに動画を組み合わせて
人を登場させたり、コンテンツから動画にリンクしたりと簡単に制作ができそうです。
今年の秋にはこのソフトを使うことのできるサーバーも使えるようになるとか。
使い勝手はいいので、気になるのは料金ですね。

また、中国の企業も出店していて、こちらも気になりましたね。EPUBとその他の電子出版物のいいとこどりみたいな感じの出版ソリューションでした。

私も、海外の電子書籍のソフトなども使っています。
これからもいいものは、海外のものでもどんどん使っていきたいと思います。


| アート系出版のプレミアムデザインのお知らせ | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/9PAGES | >>