RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
          
ARCHIVES
展覧会カレンダー
今日やっている美術展、写真展の情報はこちらです。
MOBILE
qrcode
趣味人で湯河原にいきました。
昨日は、趣味人のコミュで、湯河原のお散歩オフにいきました
今日は、そのことについて書こうと思います。

趣味人は40-50代は若者、60−70代が中心者です。
どちらかというと定年後の遊びをメインとしたSNSになっています。

私の友達は、同級生をのぞくと、男性も女性もほとんどが10歳以上、年下がほとんど。
年上の知り合いのは、家族とほんの少しの取引先くらいです。

これから高齢化社会にむけて、中高年をさけていては、仕事もプライベートも、片手落ちになってしまうと思い、最近趣味人に登録した次第です。決して暇で行った訳ではないですが、中高年の考えていることを知るためにも、参加しようかと。

雑誌の企画を考えていたときもそうだったんですが、なんの企画を考えるのでも、経験したこと、自分が楽しめることが、いちばん当たることだというのは、身にしみているからです。自分の興味のないことは、見ている側も気づいてしまうし、表面的なことしかできないからです。

また、最近買ったミラーレス一眼カメラで、紅葉を撮ってみたいというのもありました。

コースは、下記の通りでした。

湯河原駅=>バス(不動滝・奥湯河原行き2番のりば11:30乗車¥250)=>不動滝下車=>滝を見物=>徒歩15分=>観光会館でお昼=>万葉公園=>バス(湯河原駅行乗車)=>湯河原駅

滝は5つほどあるなかで、ふもとの滝のみ見学しました。意外にもお散歩コースとしては狭い範囲で動いていたので、万葉公園の独歩の湯でゆっくり足湯ができました。

参加した感想ですが、わたしより、10−20年上の方が多かったと思うのですが、いろいろ話をきくうち、楽しめたと同時に、いろいろ学ぶことも多く、たくさんのアイデアをいただきました。(私は人の話を聞きながら、ぜんぜん別のアイデアが浮かぶことが多いんです。)

また、このコミュの管理人は、SEO対策にも熱心らしく、趣味人のコミュとTwitterやブログなどの連動をはかり、アクセスアップにつなげているようです。
私も上記のようなことは仕事ではやっているものの、趣味のコミュニティではなかなかできないことと思っていましたが、すばらしいと思いました。

ときどきは、年上の人の話を聞くべき、と思った次第です。

また、ミラーレスカメラでとった写真をいくつかFlickrにUPしましたので、おひまなら、みてくださいね。


不動の滝:湯河原
不動の滝

万葉公園
万葉公園への道

担々焼きそば
湯河原名物担々麺(観光会館)





| 日々の日記 | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

昨年は、クリエイター全員が影響を受けたといっても他言ではない、スティーブ・ジョブズ氏が死去しました。
でも、彼の残した遺作、iPhoneやiPadは、現在も進化し続け、私たちの生活にさまざまな影響を与えてくれます。

自分はクリエイターと胸をはって言えるほど、クリエイティブな仕事はしていないかもしれません。
でも、作ることが好きなことは、彼と同じ。
一日一日、後悔のないように、今年も邁進していきたいと思います。

進化が激しいと言えばフェイスブック。
私はいまフェイスブックの制作に夢中です。
さまざまな便利なアプリとの連携がとても楽しく、無限の可能性を感じます。

イベントの作成アプリ。
フリッカーとの連携で写真の大量掲載。
Youtubeとの連携による動画の掲載。
Skypeアプリでのビデオ通話。
Google+との連携。
ネットショップの追加。
問い合せフォームの実装。
Word、ExcelのドキュメントやPDFの共有。

さまざまなアプリの登場で、楽しみが増しました。
現在、ウインバレーでは、企業向きのページ制作を受注しています。
今年はそれにも力を入れて行く予定です。

もちろんライフワークでもある書籍のカバーデザインもWELCOME。
急激に拡大しているタブレット端末のための電子書籍も研究しつづけなければなりません。

まだまだ学ぶことが多い制作の世界。飽きることがありませんね。
やることが多いということは、幸せなことです。

今年もよろしくお願いします。
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 日々の日記 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スザンヌ・ヴェガ - ルカ
 80年代中頃、ニューヨークに1年ほど住んでいたことがある。 

その頃、週1回くらい行くアメリカ人の家庭があったのだけど、 
その家は、人種のるつぼというか、いろんな国の人が集まって、 
話したり、ご飯食べたり、といった場所だった。 

同じ家に出入りしていたというスザンヌ・ヴェガ。 
会ったことはなかったけど、デビューしたばかりで、ダウンタウンのタワーレコードには、外壁の一面に何枚もスザンヌ・ヴェガ のポスターが貼られていたことを覚えている。 

NYで育った彼女は、きっと地元のスターだったに違いない。 

あのころは、なんとなくくちづさんでいたLUKAという曲。 
ダウンタウンぽくて、なんとなく好きだった。
最近になってようやく歌詞の全貌を知った。 

http://www.lovecms.com/music-suzanne-vega/music-luka.html 

LOVE CMSはアーティストの名前を入れると歌詞を見ることができる。 
これとYou Tubeと合わせてみると、口づさむことができるのがたのしい。  


My name is Luka 
I live on the second floor 
I live upstairs from you 
Yes I think you've seen me before 

If you hear something late at night 
Some kind of trouble. some kind of fight 
Just don't ask me what it was 
Just don't ask me what it was 
Just don't ask me what it was 

つづく・・
歌詞 @ LoveCMSの洋楽歌詞

JUGEMテーマ:音楽
| 日々の日記 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いつも通りにすることが、被災地のためになる
3月11日(金)に発生致しました、東北地方太平洋沖地震により、 
被災された方々に対してお悔やみとお見舞いを申し上げます。 
くれぐれもご自愛いただき、一日も早く復旧されることを心から 
お祈り申し上げます。

ウインバレーは、震災当日と翌日はさすがにいつも通りとはいきませんでしたが、それ以降はいつも通りにすごしています。私のいる地域は、計画停電も関係ありません。
ニュースはラジオで聞いてはいますし、防災用のリュックは確認しましたが、それ以外はごく普通に暮らしています。

もちろん影響がなかったわけではありません。雑誌の撮影ができなくなり、発売日を送らせた雑誌の仕事もあります。また、遅らせないところは、来週がんばって、デザイン期間を短縮しなければならないでしょう。
でも、そんなことは、わずかなことです。
震災のすぐあともチラシのデザインをUPさせ、HPもひとつ仕上げました。

東京でも風評に振り回され、買いだめをしている人が多いと聞きます。
自宅近くの恵比寿三越では、なんの問題もなくオープンしていて、いつも通りに買物ができます。そのせいか、東京で血眼になって買物をしている人が信じられません

震災で被害に合われた方々のことを思うのは大事。
だけど、しんどいときほど、普段通りに過ごすことが、
いまの私たちにできること。

先週は、月曜から開店しているレストランにごはんを食べに行きました。
美容院にもいきました。ジムにもいきました。すべて普段通りです。

震災の影響で、客足の少なくなったレストランは、閑散として、経済的な打撃どころか、仕入れておいた食べ物をも腐らせてしまうという状態です。

開店しているお店は、お客さんを待っているというサイン。
日本の経済活動のためにも、いつも通りにすることが、被災地の応援にもなると思います。みんながなげき、悲しんでいても、なにも始まらないのです。

冷静になろう。

経済活動のできる自分たちが手をとめず、経済活動のできない地域を応戦する。そんな気持ちで普段通りに過ごしていこうと思います。

| 日々の日記 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
今年一年ありがとうございました。
 今年もあと3時間で終わりですね。

個人的には、今年はばりばり仕事をするというよりは、充電の年でした。
WordPressをより深く知るために勉強したり、電子書籍の制作の勉強をしたり、動画を作ったりと、いろいろ試行錯誤するということに、時間を費やしました。

そして、これからのことを考えて、身体を鍛えた年でもありました。
秋からパーソナルトレーナーについて、筋トレを学び、ジョギングのやり方を学び、実践。

体重が6キロ減り、長年悩んでいたアレルギーや、ぜんそくも軽くなり、いいことばかりでした。また、プライベートなことではありますが、メイクの勉強も再び始めました。

来年は、今年学んだことを、しっかり仕事に生かして、ますます会社として発展させていきたいです。

来年もよろしくお願いします。


| 日々の日記 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
会社の決算が終わりました。
 私の会社は4月締めの6月決算なのですが、やっと月末に終わりました。
もともと会計がにがて。それでも会社を始めてから,
しかたなく弥生会計を導入したり、
勘定項目を覚えたりしましたが、まだまだよくわかりません。

会社の決算は税理士事務所にお願いしていますが、
こんなにめんどうな会計をやり、さらに合理的に説明してくれると、
会社的に助かります。

来年度からは、もう少しお金の流れを把握して、
少しでも黒字が多くなるようにがんばろうと思います。

私のような小さな会社でも決算は大変なのに、
国の会計システムは複雑でたいへんでしょうね。

もうすぐ選挙ですが、今度の選挙では、国の会計の不透明な部分を解消できる方向に
いくといいな、と思っています。

福祉は大事。されど経済発展がなければ、充実した福祉はのぞめない。
国家が赤字だとそれものぞめなくなります。

ただ、収入がすくなくてもやりくり上手な家は、赤字をつくりませんよね。
やっぱり会計が大事なんです。やりくり上手な国家。必要なところにお金をかける国家。
そんな国家にしてもらいたいです。
| 日々の日記 | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SEX AND THE CITY2見てきました
 昨日から始まったSATC2見てきました。 
http://wwws.warnerbros.co.jp/sexandthecity2/mainsite/ 

あの4人のパワーはあいかわらず、どころかますますパワーアップ。 
とくにサマンサがますますすごいです。 

movie1からmovie2まで2年かかったというけど、それは、サマンサこと キム・カトゥラルが出演料をごねたから、というようですが、 
たくさんあげてもいいでしょう。あのおもしろさ。 
結構コミカルなところも多く、笑いっぱなしでした。 
※キャリー役のサラよりも、他のメンバーが5分の1くらいだったところ、 キムがごねたため、その倍になったという噂。 

主婦同士の会話は、主婦に共感を覚えるでしょうし、 独身女性にも、わかるわかるって感じで、 いろんな人が楽しめる映画です。 

ロケ地がアラブっていうところも、 
現実世界からかけ離れていて,とっても魅力的。 

今回は、4人の若い頃がでてきます。 

お楽しみにJUGEMテーマ:趣味
評価:
ブランドン・ハースト
ブルース・インターアクションズ
¥ 1,365
(2009-02-06)
コメント:この本を読んで、ますますサラが好きになりました。

| 日々の日記 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人生には無駄がない。〜日本エディタースクール
 学生時代、編集という仕事をやりたいと思っていたものの、
まわりに一人も出版の仕事をしている人がいなかったので、
なにから手をつけていいのか、わからない状態でした。
通っていた大学も良妻賢母系の学校で、そんな知識のある先生方もいません。
とりあえず大学に行きながら、夜間で日本エディタースクールという学校に通ってみました。

そこで勉強したのは、級数表や活字尺を使ってレイアウトする方法や、校正記号などでした。
社会にでて、出版社に入ってみると、活版印刷はなくなっていたので、活字尺を使う場などなくなっていました。
また、先輩方も級数表を使える人は少なかったように思います。

その頃の私が勤めていた出版社は、特集のページはデザイナーに発注するのですが、
プレゼントページや、協力店リストなど、簡単なページは編集がレイアウトしていました。
このときに学生時代勉強したことが、役にたったのです。
このときつまずかなかったことが、
いまの私につながっているような気がします。

思えば、編集者でもこのくらいの簡単なレイアウトはできるようにさせたい、という
編集長の親心みたいなものだったかもしれません。

いま考えると、エディタースクールに通っていなければ、
レイアウトもできなかったし、
校正記号も校正のやり方も、わからなかったでしょう。

出版社の雑誌の仕事は、エディタースクールとは、
ほとんど関係ないことばかりでしたが、
基礎の基礎というところでは、役にたったと思います。

何年も編集をやっていても、簡単なレイアウトもできないとか、
校正記号も知らないという人もいるなかで、
大学生の頃、勉強しておいてよかったなと思います。

いまのエディタースクールをでて、
編集の職につけるかどうかは、わかりませんが、
あの頃の私にとっては通っていてよかった学校でした。

| 日々の日記 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
遊びがないと、いいものはできない
私のライフスタイルは、仕事半分、遊び半分がちょうどいいと思っています。
デザインの仕事にしろ、本作りにしろ、決めるところは決めないといけないけれど、それでは見ているほうが息が詰まります。

読者の立場にたつと、楽しいデザインだな、もっと先を読みたいなという文章のほうが、きっといいはず。書いてて楽しいな、デザインしてて楽しいな、と思えなければ、見ているほうだっておもしろくない。

そういうアイデアって、机の上に座っているだけじゃ貯められないのです。
アイデアの貯金は、遊びの中から生まれます。

だから、仕事やったら、外にでかける。それが私流です。

最近、正直いって忙しすぎます。いま入っている仕事だけでも、もう5月いっぱい埋まっています。たぶん6月までかかるかもしれません。

GWには、お休みをとって、あちこち出かける予定でしたが、スケジュールの関係で休みがとれなくなりました。新しい仕事ならことわるのですが、途中までやってしまったので、そうもいかない。

とりあえず、一息つける頃に、海の前のホテルを予約しました。
それを目標に、がんばります。

JUGEMテーマ:日記・一般
| 日々の日記 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |