RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
          
ARCHIVES
展覧会カレンダー
今日やっている美術展、写真展の情報はこちらです。
MOBILE
qrcode
簡易マークアップ記法を使った簡単なEPUB電子書籍の作り方
イースト 柳 明生 氏に著者との原稿のやりとりから編集・校正作業、EPUB生成までの制作フローにおける簡易マークアップ使用のメリットを、「でんでんコンバーター」などの事例とともにデモを交えて紹介していただきました。
(EPUB26 電子出版マーケティングと簡単EPUB制作セミナーにて)

でんでんコンバーター

でんでんコンバーターとは、アップロードされたテキストなどをEPUB3に変換して出力するウエブサービスです。

マークダウンを覚える必要がありますが、かんたんにEPUBができます。BooksやKoboでの閲覧は勿論、Kindle本に変換するのにも便利。


制作の流れ
1)文章をワードなどで作成。
2)#(見出し)など、マークダウンを入れる
3)でんでんコンバーターのサイトからファイルをアップ。
4)縦書き、横書き、作成者、タイトルなどの情報をいれる。
5)できあがり

Readiumというサイトで確認。

向いているコンテンツ。
○文字もののコンテンツ(小説、エッセイ、ブログ、メールマガジン)
×画像中心、複雑なレイアウト(まんが、絵本、レイアウトの複雑な雑誌、あらかじめInDesign,PDFで制作された出版物

以上がでんでんコンバーターの説明です。

この柳 明生氏は、KDPの出版代行 ぽから=KDPカタログサイトもやっているそうです。

無料のでんでんコンバーターで作成、KDPへの登録手続き作業以降も自分でやれば、0円で出版できる。
ただし、売れたら、米国での源泉徴収税の免除手続きが必要です。


| 電子書籍/EPUB | 17:06 | comments(0) | trackbacks(7) | pookmark |
ライブドアブログで作る電子書籍
EPUBEPUB26 電子出版マーケティングと簡単EPUB制作のセミナーで、ライブドアブログで作る電子書籍の話をLINE株式会社 真田 洋二氏の話をお聞きしました。




ライブドアブログのEPUB書き出し機能は、発表されてすぐに、友人のブログを書き出ししたものを見せてもらいました。
そのまま電子書籍に使えるかどうかは、テーマにもよると思うのですが、すごいと思いました。
今回その開発者の方にお話をお聞きしました。(自分メモ用ブログ)

LINE株式会社 真田 洋二氏
 
ライブドアブログをそのまま電子書籍にできる機能についての話です。

EPUB3準拠,Kindle,iBooks対応
選べるレイアウト。4つのレイアウト(縦書き、横書き、漫画、技術書風)
記事の絞り込みができる(カテゴリ、日付、公開、下書き)
表紙をつけられる

●書き出されたEPUBは下記の通り。
ファイルの仕様EPUB3
 -(基本的に)XHTML5
 -Kindle対応(.ncsファイル入り)
 書き出し時に記事をML形式に整形
 iframe,script,未知のタグなどは削除
 landmarks対応
 
 固定レイアウト
 SVGラッピング
 CSSスタイルはあまり入れてない
-基本的にデバイス任せ
-RS間で見た目を揃えるのが難しい。
-Kindleとibooksを中心に確認

●プロモーションについて
プロモーションサイト用のテンプレートを用意。
ブログテンプレート+ドメイン(無料) publog.jp
つんどくで発信できる。

●事例紹介
セルフパブリッシング狂時代
●日の丸電子出版

●Epub書き出しはライブドア有料プランのサービスです。
有料プラン全有料プラン初月無料です。(5月末まで)
 


 
| 電子書籍/EPUB | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
EPUB26 電子出版マーケティングと簡単EPUB制作のセミナー
 一般社団法人 日本電子出版協会 プラットフォーム研究委員会主催のEPUB26 電子出版マーケティングと簡単EPUB制作のセミナーで勉強しました。

1)電子書籍を100万部売るための「電子書籍マーケティング」 e文楽 細田 朋希氏の話を聞きました。
このかたは、電子出版のためのプラットフォームの会社をやっている方です。
細田さんは、インディーズ作家としては世界初のミリオンセラー作家であるジョン・ロック(John Locke)氏の書籍の日本語版を出版。
電子書籍を無名でも100万部売る方法 という本です。私もこれは読んだことがあります。

A)ジョン・ロック(John Locke)氏の電子書籍マーケティング手法も紹介していただきました。
それが以下です。
●電子出版=読者との深いつながりで、ソーシャルメディアを通して、ファンを獲得するのが重要。
●ニーズをニッチに絞っていけば、熱心なファンを獲得しやすい。
●顧客リスト(メールアドレス)を集めることが重要で、メールアドレスを集めることに注力。
●固定ファンがつくと、出版と同時にKindleランキングの上位にきやすい。
●すべての本を単発ではなく、線で考える。

例)
ミステリー小説を出す場合、アマゾンで出版することはもちろん、facebookやtwitterで、告知。
定期的にメールで仲間意識を育てる。売り込むのではなく、テーマはミステリー小説。

●メールのザイオンス効果。人は接触が多くなるほど信頼感が増す。1000人そういう人がいると、アマゾンで500は売れる。
●現在、この方法を実際に実践している著者はほぼ皆無。
●販促と組み合わせばさらに効果的。通常の出版販促にメール販促を加えるだけで効果がでる。
●書籍効果。読者はチラシや広告ではなく、「書籍」を読んでいるのでコミュニケーションをとりやすい。

B)個人が電子出版で生計をたてるための手法
●2ステップの販売方法ーーーお客様と深いつながりを作る。利益率の高い電子書籍を作る。ということ。
ステップ1ーーー安価で最高の本を提供する(ニッチな分野) 割合でいうと5%のファン読者ができる。
ステップ2ーーーステップ1でファンになっている読者に対して1980円以上の高額書籍を売る。
ステップ2のポイントとして、「月額3000円で3ヶ月間購読する」継続的な電子書籍配信が効果的。
電子書籍なので、制作は比較的容易なうえ、利益率が高まる。文章量が多いよりも、15000文字程度がいい。
●好きな書籍をもっと深く知りたいというニーズを満たすことを目的なので、ビジネス系などがいい。

※細田さんは、執筆した本のメルマガ広告をやり、コンタクトとって来た読者に対して14回ほどのアプローチをしたのちに、書籍を紹介しました。

こうやって数年前からゆるゆるとEPUB及び電子書籍の研究は続けています。
本を作っているものとして、当然の流れということではありますが、
流動的なので、時代の流れを知っておく必要がありますね

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 電子書籍/EPUB | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
App Storeブックアプリ登録申請マニュアルと却下対策セミナー
 今日はお世話になっている上高地仁さんのセミナーのお手伝いでした。

App Storeブックアプリ登録申請マニュアルと却下対策セミナー
〜ブックアプリがリジェクトされないための方法とは

第一部はApp Storeにアプリを申請するためのマニュアルにそって、セミナーを受けました。
よくまとめられているマニュアルで、とてもわかりやすいものでした。
申請が英語というのが敷居が高いですが、これならできそうです。


第二部は、ブックアプリの却下対策の勉強会でした。

上高地さんは、以前からブックアプリをApp storeに申請しています。しかし、この2月くらいから審査が厳しくなって、2−3か月で9本のアプリを申請したのですが、8本まではすぐに審査に合格、販売が始まったのですが、9本目に引っかかってしまったそうです。

上高地さんの説明によると、却下の理由は、スパム扱いとのこと。なぜスパムなのか?

いくつか原因は考えられます。この勉強会には、いま実際にブックアプリを何本も出品している出版社の方、会社の方がたくさんいました。名前はいえませんが、デジタルブックの最前線の会社の方が情報を求めてたくさんいらっしゃってました。

みなさんの話を総合すると、一番目の理由として、もともとApp Storeは、アプリを売るためのショップであり、同じような構造のアプリが何本もでるのは望ましくないこと。
きっと、本を売るのなら、Appleにブックストアがオープンしてからにしてほしいのでは?と。

たとえ、文章の中身が違っていても、同じIDを持つ業者からは、あまりたくさんのブックアプリが出品されるというのは、のぞましくないそうです。これは、上高地さんが使っているアプリ作成ソフトだけでなく、他社のソフトでも同じ現象がみられました。みなさん、それで悩んでられるようでした。

2番目の理由としては、アップルのサーバーの負担を大きくしたくないのでは?ということでした。
だから、最近無料のアプリの申請が通りにくくなっているのだと。

アップルのアプリ申請スタッフは100人ほどいるらしいです。
(確かではありません)そのスタッフが世界中のものをチェックしているとすると、大変なことです。

それでは、リジェクトを回避するのには、どうしたらよいか。
アプリの却下メールには、アプリ内課金をすすめる文章があったそうです。

アプリ内課金というのは、無料または有料のアプリの一部をダウンロードして、気に入ったらさらに課金して、もっと多くのコンテンツをダウンロードする方法です。

大手の出版社でやっているところはありますが、サーバー等開発費の負担が大きいし、なかなか中小企業の手の届くものではありません。

現在、iPhoneアプリ制作ソフトであるSakuttoBookの開発者の方が、アプリ内課金のできるソフトを開発中とのこと。

こういう世界は、次々に新しい問題が勃発して、それに対応していかないと、商売にならないので、大変ですよね。

でも、出版のあり方が大きく変わろうとしている今、我々出版にかかわるものは、それでもやらなければならない選択を迫られていると思います。

大変でもやるしかないですね。

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 電子書籍/EPUB | 23:46 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
ブックアプリ登録申請マニュアルとブックアプリ却下対策セミナーのお知らせ

昨年からEPUBとかiPhoneアプリで作る、電子書籍について、いろいろ勉強会に参加しています。

書籍や雑誌のデザインは以前からしているのですが、こちらは、DTPの知識に加えて、それ以外の知識も必要となりますので。

以前からセミナーなどでお世話になっている上高地さんが、App Storeブックアプリ登録申請マニュアルとブックアプリ却下対策セミナーと題して、セミナーをやります。

当日は私もお手伝いしますので、ぜひご参加ください。

上高地さんは、実際にアプリを登録したり、却下されたりしたことがあります。
その経験をふまえて、話をしてくださいます。

app storeブックアプリ登録申請マニュアルとブックアプリ却下対策セミナー=
ブックアプリがリジェクトされないための方法とは

会 場 ●東京会場/2011年05月27日(金)
社団法人日本グラフイックサービス工業会 8F会議室
住所:東京都中央区日本橋小伝馬町7-16 URL:http://www.jagra.or.jp
講 師 上高地 仁/インクナブラ
時 間

iPhoneアプリ登録マニュアル活用講座 13:15〜14:15
iPhoneブックアプリ却下問題とその対策 14:30〜16:30

お申し込みは、下記をご覧いただき、直接申し込みしてください。
http://www.incunabula.co.jp/110527/indexK.html

| 電子書籍/EPUB | 15:23 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
たった4万円で年間100冊のiPhone電子書籍アプリをリリースする方法
 これまで私はEPUBやPDFで作られた電子書籍は、仕事で作ったことがあります。これらは、売る書籍というより、これを使って宣伝するとか、ちょっと読んでもらって、よかったら本をかってもらうという目的のものでした。

現状では、もし電子書籍を売るんであれば、マネタイズの面から言って、アップルのiTuneでダウンロードする電子書籍アプリが最良であると思っています。

しかし、電子書籍をアプリにするためには、プログラムの知識がないと、ちょっと厳しい。DTPをやっているデザイナーにはハードルが高かったのです。

そこで、昨日はたった4万円で年間100冊のiPhone電子書籍アプリをリリースする方法という講座に行ってきました。

サクッとブックというソフトウエアを使うと、iPhoneサイズのPDFと差し替えするだけで、アプリができてしまうというので、そのソフトウエアの説明を聞いてきました。


プログラムの知識がなくても、アプリが作れるという画期的なソフトウエアです。

使い方を教えてもらいましたが、ごく簡単。
動画を差し替えることもできます。

このソフトはとにかくさくっとできるという観点でつくられているので、
単機能ではありますが、とりあえず電子書籍をリリースしたい方にはぴったり。

私もこれから、このソフトを研究してみたいと思います。

| 電子書籍/EPUB | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ePublishingPort(電子書籍の情報交換の団体)の懇親会に参加しました。
いま、私がいちばん興味をもっているもの・・・それは電子書籍&EPUBです。

出版社出身そして、現在はデザインの仕事をしている者としては、興味をもって当然ですよね。
先週はePublishingPortの懇親会に参加しました。
この団体は、下記のような団体です。

『ePublishingPortは、電子出版に関連するマーケットの健全な発展を促し、情報交換、人と人との繋がりを創出し、社会貢献に寄与することを目的とした任意団体です。』

いらっしゃった方皆さんとお話できたわけではないのですが、実際に電子書籍を作っているかた、ライターさん、イラストレータさん、ポータルサイトの方などとお話して、有意義な時間を過ごすことができました。

「電子書籍のマネタイズは、少額決済できまる」というセミナーもあったのですが、あいにくカバーデザインの締め切りが迫っていて出席できず。残念でした。
主催者は上高地仁さんで、前回、前々回と関東で電子書籍関係のセミナーをやったとき、お手伝いをさせていただきました。また機会があれば、出席したいと思います。

 JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 電子書籍/EPUB | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DTP Booster 026 EPUBのハンズオンセミナー&EPUB リンク集
 今日はEPUBに役立つリンクとともに、今日のセミナーでやったことをメモしておきます。

今日はDTP  Boosterで、鷹野雅弘(スイッチ、DTP Transit)にEPUBの制作方法を教えてもらいました。

InDesignからEPUB書き出し、書き出した後のSigilでの整形方法、またDream Weaverの編集方法など、効率的に作業するにはどうしたらいいか、教えてもらいました。

便利なCSSファイルをいただいたり、本当に充実したハンズオンセミナーでした。

鷹野さんって、本当に教えるのが上手ですね。かゆいところに手が届く感じ。
講師のプロですね。

以前InDesignからEPUB書き出しのセミナーに行っていたので、そのあたりは知っていることもあったのですが、やっと仕事レベルのスピードでEPUBが作れそうです。

知りたいことを勉強できるって本当に幸せですね〜。

最近出版された電子書籍の制作の本。次に買わなくては。

下記のePubに関するメモ(主に参照リンク)も役に立ちますよ



評価:
米光一成,小沢高広,電子書籍部
インプレスジャパン
¥ 1,260
(2010-08-24)

| 電子書籍/EPUB | 22:42 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ePublishing Cafe Vol.4にいきました。
 今日はePublishing Port主催、ePublishing Cafeにいってきました。

このセミナーのiPhoneとiPad率の多いこと、多いこと。以前であればこういう場にはノートパソコンが多く見られたと思うのですが、完全にiPadもっている人のほうがおおかったです。私は今日は持っていきませんでしたが、途中でiPhoneの電池が切れ、持ってくればよかったと後悔しました。
今日はクライアント周りで資料が重かったから、持っていかなかったのですが、もっと体力つけなければいけませんね。

今回のセミナーを含めてですが、このようなセミナーは、もともとソフト屋さんや広告を得意とする方たち、WEB屋さんがすることが多いようです。電子出版を実際にやっている出版社の方々の意見はあまり聞いたことがありません。それだけまだ、出版社の方々の考え方はまとまっていないように思います。
漫画以外のコンテンツで電子出版をやっている出版社はまだ少ないので。

私はもともと出版社で編集を経験してから、広告代理店でディレクターをして、退社。制作事務所をたちあげて、現在に至っています。

現在は書籍や雑誌、フリーペーパーの編集、デザイン、またそれを販促するためのホームページおよびEPUBまで作っています。

もともと出版社に勤めていた自分を含めて、編集側の人間というのは、収益そのものよりも、いかにいい内容のものを制作するかということを一番に考えているせいか、収益に関する意識が薄いのです。

本は有料ということで収益を出しているので、それでなんとかなってきたわけですが、WEBはもともと無料で見れるというのがベースにあるので、収益の考え方にバリエーションがあります。
アフェリエイトをはじめ、いろいろな収益のあげかたがあります。
その点で、いろいろ勉強になることがありました。

たとえば、twitterがリアルタイムのつぶやきのデータをGoogleに売ることにより収益をあげているなど、直接ではなく、間接的に利益をだしているなどなど。

EPUBにおいては、具体的にどのような収益のあげかたがあるのか、つっこんだ話までは至りませんでしたが、これからいろいろなアプローチができそうです。

あしたゆっくり考えてみたいと思います。

http://www.targeting.co.jp/index.html

講師:株式会社スピニングワークス
 ( http://www.qlippy.com/ )
代表取締役 白形 洋一 氏

ターゲッティング株式会社
 ( http://www.targeting.co.jp/ )
代表取締役 藤田 誠 氏
この方の話はよかったです。これからのマネタイズに期待します。

ePublishing Cafe twitterハッシュタグ
#epubcafe

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 電子書籍/EPUB | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |