RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
          
ARCHIVES
展覧会カレンダー
今日やっている美術展、写真展の情報はこちらです。
MOBILE
qrcode
<< アーウィン・ブルーメンフェルド&マリオ・ジャコメッリ 写真展 | main | フランス国立クリュニー中世美術館所蔵
貴婦人と一角獣展 &クッチーナ イタリアーナ アリア >>
フランシス・ベーコン展 東京国立近代美術館
東京国立近代美術館で開催中のフランシス・ベーコン展に行ってきました。 
ベーコンを私が初めてみたのは、もう20年以上前、友人がもっていた画集を見たときです。
なんて、気持ち悪い絵なんだろう、というのが第一印象でした。 

今回も積極的に行こうという気持ちではなかったのですが、友人が行きたいというので、行くことに。 
結果的には、「見てよかった」。 

最初に飛び込んできたのは「走る犬」という絵。 
かすれた絵の調子で、不気味な犬が確かに走っています。そのようすがなんともいえない気持ちにさせます。 

ベーコンは見たままのものではなく、頭の中にある身体を表現する、といいますが、人の心というのは秘められた闇みたいなものがあるとは思うのですが、それを感じさせるというのは、とてもむずかしいこと。 
ベーコンはそれを追い続けて書いていたようです。 

人の感情のひだに、ひたひたとせまってくる絵。 
明らかに気持ちのいいものとは言えませんが、人の感情を刺激するということにおいて、完全なるアーティストといえるでしょう。 

展覧会名 
フランシス・ベーコン展 
会 期 
2013年3月8日(金)‒ 5月26日(日) 
会 場 
東京国立近代美術館 
公式サイト 
http://bacon.exhn.jp/index.html 
評価:
マイケル・ペピアット
新潮社
¥ 3,990
(2004-09-29)

| アート&展覧会 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.win-valley.com/trackback/914073
トラックバック