RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
          
ARCHIVES
展覧会カレンダー
今日やっている美術展、写真展の情報はこちらです。
MOBILE
qrcode
<< モードオブバービー展  渋谷西武 | main | 人形偏愛主義 ヒトガタへの受胎告知 Bunkamura Gallery >>
Bunkamura25周年特別企画 だまし絵2 進化するだまし絵
私が管理している東京・ミュージアム&アート情報のコミュニティのオフ会で、だまし絵展に行ってきました。

だまし絵とか、不思議系の絵が好きな私にとっては、とても楽しめる展覧会でした。
(bunkamuraホームページより)
「だまし絵」とは文字通り「目をだます」絵の系譜です。人間の視覚に対する科学的探求が始まったルネサンス後期のヨーロッパでは、視覚の力に挑戦するような様々な作品が登場します。ある絵の中に別の像を潜ませるダブル・イメージの傑作、アルチンボルドの《司書》(コラム1参照)や、壁のくぼみの中に置かれた事物の影に至るまで克明に描写することで、つかの間にせよ、それが「本物」の事物であるという錯覚をおこさせるトロンプルイユの代表作、ピアーソンの《鷹狩の道具のある壁龕》―こうした古典的巨匠たちが技巧をつくした「だまし絵」の到達点を示す作例は、眼の先入観を打ち破り、観る者を仮象の世界の裏側へと誘っていきます。

数年前開催された、だまし絵展に比べ、スター的な絵はなかったものの、一つ一つが、どうなってるんだろう、とじっとみてしまうような絵ばかりです。

2014/8/9(土)−10/5(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム

この日のお昼は、bunkamuraから5分ほどのオセアニア料理店、アロッサ。オーストラリアワインが本格的に楽しめるワインバーです。
この日のランチは、オーストラリア牛のステーキ。これにパンとサラダ、食後の飲み物、お菓子がついて1000円。大変ボリュームのあるランチで美味しい。
この日お友達が誕生日だったのですが、デザートのプレートをサービスしてくれました。
コストパフォーマンスのいいお店でした。

アロッサ


アート・デザイン
| アート&展覧会 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.win-valley.com/trackback/914117
トラックバック