RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
          
ARCHIVES
展覧会カレンダー
今日やっている美術展、写真展の情報はこちらです。
MOBILE
qrcode
<< 開館岡田美術館一周年記念展 大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち | main | 生誕130年 川瀬巴水展 −郷愁の日本風景− >>
ウィレム・デ・クーニング展 ブリヂストン美術館
ウイリアム・デ・クーニングJUGEMテーマ:アート・デザイン
 お正月にブリヂストン美術館のウィレム・デ・クーニング展にいってきました。
キミコ・パワーズ・コレクションからの、1960年代の女性像を中心とした作品群です。アメリカがもっともパワーがあった時代の熱気を感じる絵でした。
ポップアートに多大な影響を与えた画家さんです。この時代のアメリカの絵といい、写真といい、とても好きですね。

<ブリヂストン美術館ホームページより>
ウィレム・デ・クーニング展
2014年10月8日(水)〜2015年1月12日(月)
ウィレム・デ・クーニング(1904-1997)は、ジャクソン・ポロックと並んで、第二次世界大戦後にアメリカで開花した、抽象表現主義を先導した画家のひとりとしてその名を知られています。
その作品は、具象と抽象の狭間の表現と、激しい筆触を特色とします。
本展の核を成すのは、デ・クーニングの有数のコレクションを誇る、アメリカ合衆国コロラド州を本拠地とするジョン・アンド・キミコ・パワーズ・コレクションからの、1960年代の女性像を中心とした作品群です。
これらの作品はパワーズ夫妻によりリョービ財団に寄贈されています。
画家と親交のあったパワーズ夫妻が収集した作品は、ほとんど一般には公開されておらず、日本でも公開されたこともない、知られざるコレクションと言えましょう。
本展は、これらに日本国内の美術館が所蔵する作品を加えた油彩・水彩・素描・彫刻、35点で構成されます。これまで日本でまとめて作品を見る機会のなかった戦後アメリカを代表する画家の作品をご堪能ください。
| アート&展覧会 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.win-valley.com/trackback/914128
トラックバック